冷え対策&血管を丈夫に

本格的な冬ですね

寒い…
「冬って、こんなに風が強かったっけ?」
と思うくらい、先日は暴風が吹き荒れていましたね。

こんな日が続くと、手先も足先も、そして身体の芯から冷えてしまいます。

そんなとき!

役に立ってくれる食材があります。
先日は、【生姜】のパワーについてお伝えしましたが、今回は…

シナモン

です。

シナモンの効果

漢方薬でもおなじみ

シナモンは漢方薬にも使われています。それも、かなりの割合で。

  • 桂枝茯苓丸
  • 桂枝湯

などはよく聞く漢方薬。共通している名前の【桂枝】というのが、じつは

シナモン

なのです。

昔は「ニッキ」と呼ばれていた

私は今年、55歳になるのですが、私の年代から上の世代だと

ニッキ飴

という名前はなじみがあると思います。
その「ニッキ」もじつはシナモン。

正確には、根っこの部分を使っているのですが、効果としては似ています。
ちょっと辛みがあって、刺激的でしたよね。

身体を温める

シナモンは身体を温めてくれます。
血液の流れを促すことができるので、冷えの気になる冬はとくに重宝します。

冷える

ということは、つまり血液の流れが不足していることが多いので、細胞に栄養が届かないし、老廃物も処理できない。

結果的に健康面で大きなマイナスになるんです。

血管を丈夫に

シナモンに含まれている『シンナムアルデヒド』、毛細血管を修復してくれる役割があります。

ですから、血管が傷みやすい年齢になった私には、とっても大切。
「あれ、こんなところにアザが。いつぶつけたんだろう…」
なんてことありませんか?

それは、いぜんなら腕や脚をぶつけても大丈夫だったのに、血管が弱くなったために内出血が起こったためです。

抗酸化作用がある

こちらもとてもうれしい作用です。
ストレスにさらされることの多い現代人は、どうしても身体の組織に活性酸素が発生しやくなります。

その活性酸素がDNAを含めたたんぱく質を劣化させ、細胞自体を衰えさせてしまいます。

その活性酸素をやっつけてくれる抗酸化作用は、とてもありがたいんですね。

シナモンをどうやって摂る?

お菓子によく使われるシナモンですが、やっぱり何かに入れて摂り入れるのが手軽です。(脇役ですね)

シナモンティーはダイレクトですが、コーヒー牛乳、豆乳、あとはココアにもよく合いますよ。

ただシナモンパウダーは水に溶けにくいので、よ~くかき混ぜてくださいね。

シナモンで温か若返り

手軽に手に入り、しかもさまざまな身体にプラスの役割のあるシナモン。
どうしても脇役になりがちな食材ですが、その効果は主役級です!

ぜひ生活のなかにシナモンをとりいれて、この冬を健康に過ごしましょう。

 

関連記事

  1. 洗濯できた!

  2. マグネシウムでダイエット

  3. 首のコリを簡単に楽にするセルフケア

  4. 風邪かな?と思ったら

  5. 身体が硬い人のための【ストレッチのコツ】

  6. 骨盤引き締めエクササイズ

PAGE TOP