生姜の食べ過ぎで【下痢】になった話

生姜の効果

3週間ほどまえのブログで、冬に生姜を食べるといいですよ~とお伝えしました。

漢方薬にも多く使われる生姜には、どんな効果があるのでしょう。

風邪症状を緩和

生姜は発汗作用によって熱を下げたり、咳を鎮めたりしてくれます。

また、生姜に含まれているジンゲロールショウガオール殺菌作用もありますので、細菌性の風邪や胃腸炎などを予防してくれるのも、うれしい働きですね。

冷え性を解消

さきほどのジンゲロールショウガオールは、血行を促進してくれる働きももっています。

特に、ジンゲロールを加熱して乾燥させるとショウガオールが増加
するとさらに血流を促してくれるので、身体の芯から温めてくれますよ。

胃腸の活性化

漢方薬に使われる生姜は、とくに胃腸に作用するものが多いです。

生姜は胃腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)、つまり消化液と食べ物を混ぜて、砕き、小腸に送るという胃の働きを活性化してくれます。

そのため、胃の動きが落ちることによる

  • 吐き気
  • 胃酸過多
  • 胃もたれ
  • 逆流性食道炎

などで困っているときに、イイ働きをしてくれるのが生姜です。

生姜を食べ過ぎると

やっちゃいました、私…
冷え性なので、たくさん食べれば手足が温まるだろう!と思い、乾燥した粉末生姜を大さじ一杯、お茶づけに入れて食べたんです。すると…

胃腸を刺激

乾燥した生姜は、パワーアップしていますので、当然、胃腸への刺激もかなり大きなものになります。

考えれば分かりそうなものですが、浅はかな私は

ドバドバ

入れちゃいました。
いや~、カラかった!これは温まるぞ~と期待していましたが。

生姜パワー

たしかに身体は温まりました。ポカポカ。

でも!

数時間後、お腹がなんだか痛い…
生姜をたくさん摂ったことを忘れていたので、

「なんでだろう…」

と翌日になるまで気がつきませんでした。
何か悪いものでも食べたかな?と思ったのですが、なんとこの下痢は

4日間

も続いたのです。
おそるべし、生姜パワー!

適量を知ること

お伝えしたいのは、生姜を食べないように!ということではないのです。

私の体験が実証したように、生姜には身体に対してかなり大きな働きがあります。

ということは、うまく使えば健康への助けになる。
私のように安直に

いっぱい飲めばいいじゃん!

と大量に生姜を摂らなければ、大丈夫。(そんな人、あんまりいないですよね…)

まずは少量からはじめましょう。

少しずつ量を増やしていって、あなたにとっての適量の生姜はどのくらいか知れば、健康の助けになります!

生より乾燥生姜

ちなみに、生の生姜なら、チューブよりも生姜そのものを使いましょう。
添加物なども入ってないので、続けて使うならスーパーの野菜売り場へGO!

胃腸の調子を整えたいなら、生の生姜が合っています。

もし冷え性を解消したいなら、乾燥生姜がオススメです。

日持ちしますし、ショウガオールのパワーがさらにアップしていますので。

関連記事

  1. 風邪はどこから入るのか

  2. 「動悸がして眠れない…」それ、胃が原因かもしれませんね

  3. 体調を崩したとき【いちばん大切なこと】はコレ

  4. 手先も足先も【ツボ刺激】でポカポカに

  5. マグネシウムでダイエット

  6. 疲労回復には『シャワーor湯船』どっちがいい?

PAGE TOP